2012年10月18日

猫さん

久しぶりに猫さん達に会いにいきました


HELLO元気かワングッド(上向き矢印)犬(笑)

DSC_7915.JPG


ねぇ 元気?犬(笑)


むかっ(怒り)なれなれしいニャァ猫(怒)

DSC_7912.JPG


モズさん行ってみなよ顔(笑)

なんか 怒ってるよ 嫌だワンよぉ犬(泣)

DSC_7916.JPG



むかっ(怒り)フンギャー ニャァ 来るなよにゃぁ猫(怒)

DSC_7917.JPG


モズほら行ってよぉ顔(イヒヒ)
嫌だって 猫さん怒ってるでしょexclamation×2わかんない?犬(泣)


DSC_7918.JPG



ハァいつまでたっても 猫さんは仲良くしてくれないワン犬(泣)

DSC_7919.JPG




今日も猫さんと仲良くなれないモズなのでしいたぁ

ニックネーム もずく イギー at 15:58| Comment(3) | もずく日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もずくちゃんネコちゃんも大好きなんだね猫(笑)

でも犬好きのネコちゃんってなかなかいないから仲良しになれなくて残念だねたらーっ(汗)

ところで、iggyままさんのコメント失礼ながら読ませていただきました。
7歳で亡くなられたお嬢さんとの闘病生活は口では言い表せない程、大変だったことでしょう。
もずくママさんが言われる通り人間の子供と犬を一緒に考えたらいけないのですが、うちも先住犬のイギィが生まれつきの癲癇持ちで4歳で亡くなるまで発作に苦しむ姿をずっと見てきました。発作が起きたら薬を飲ませるか獣医師に頼るしかありませんでした。人間と違い「ここが痛い」とか「苦しい」と言えません。苦しいと手を噛んだり暴れたりしていました。助かってほしい、元気になってほしいと思いましたが叶いませんでした。
イギィが亡くなってから随分自分を責めました。そしてイギィが亡くなって半年後くらいに“なな”と出会いました。ペットショップにイギィのお供えを買いに行った時、目が合ったのが“なな”です。イギィとは犬種も異なっていますが、今は“なな”に癒されています。

たくさんの辛いことを乗り越えると小さな幸せがとても大事に思えます。優しくなれます。

iggyままさん、きっとお嬢さんも天国で
「お母さん ありがとう」って言っていますよ。

もずくママさん ごめんなさい。
コメント欄拝借してしまいました。

iggyままさんに読んで頂けたら嬉しいです。
Posted by なな at 2012年10月20日 12:13
こんにちは(o゚-゚o)ノはぁ〜ぃ!

もずくままさん、ななままさん。

コメントありがとうございます。
お二人にこの場をお借りして図々しいですがお話させて下さい。

ななままさんの前のわんちゃんもiggyと言うんですか・・
iggy繋がりですね。(*´_⊃`)人(´⊂_`*)

私は人間も犬も一緒に住めば大切な家族だと思っているので命の重さは同じだと思います。
私が育ってきた環境にはいつも犬がいました。
小さい頃は犬が死んじゃっても普通に死を受け入れていたと思います。
でも・・二十歳を過ぎた頃の犬の死は悲しすぎて・・
結婚して子供を産んで子育てに目を向けて、犬に気持ちを入れないようにやってきたんです。

犬は自分より先に死んでしまうんだよな・・
あんなに辛い思いをするのはもう嫌だなって・・

でも、自分の娘に先立たれてしまい、その悲しみを何とか乗り越えてお兄ちゃんの子育てから卒業できそうかな・・って時にパニック障害になってしまい、自分自身がコントロ-ル出来なくて不安で出かけることもできず、家事仕事もままならない状態から少しづつ復活してきたときに・・

犬が飼いたい・・・って思ったんです。

今まで自分のことがやっとだったけど気持ちがちょっと元気になって余裕が出てきたんだと思います。

犬を飼ったら具合悪いとかで面倒がみられないなんて絶対ダメだから、色んなことを沢山考えました。
もちろん先に死んでしまうことも・・
家族になる大切な命を預かる責任も・・
自分に問いかけて「飼おう」って決めました。

4年前にiggyが我が家にやってきて半年前に子供たちが生まれて忙しくバタバタとやってきました。

もう一度子育てを楽しくやってます。(≧T≦)ь

iggyのお産や子育て付きっきりで面倒みて凄く勉強になりました。5匹生まれて1匹だけ女の子のさくらを残して4匹を泣きながら送り出して・・(@T。T@)
これもまた勉強になりました。

子育ては大変だけど癒されて、今の私の心の支えは可愛いiggyとさくらです。

子育ては人間もわんこも注ぐ愛情は一緒ですね。

もずくままさん
リニュ-アル可愛いですね。
違う所にきたのかと思いました。( ̄Θ ̄;)
小物のことは了解しました。(●'v`b)b
作る気になったら声をかけて下さいね。

ななままさん
ちゃんと読みましたよ。ありがとうございます。
娘は最後に「ありがとう」って言ってくれました。
でも、反省や後悔の気持ちでいっぱいでしたよ。
今はもうちょっとこっちの世界で頑張るから見守っててねって手を合わせてます。

また覗きにきます。でわでわ(●´・ω・`●)/


Posted by iggyまま at 2012年10月20日 21:11
ななさん iggyままさん

ここで 色々なつながりができる事
とても素敵な事だと思いますのでコメントは
思ったことを気にせず書いてくださいね


犬を飼うという事は iggyママさんの話のように子供のころにほしいと思う気持ちと 大人になってから欲しいと思う気持ちは少しちがうのかもしれませんね

私はきっと 気持ちの支えにもなって欲しくて飼った部分もあったと思います。
だから 一緒に生活していくうちに
自分の一部になっていき いなくなったことで自分の一部がポッカリ消えてしまった気持ちになったのだと思います。

イギーを飼った理由はそれぞれかもしれませんが
色々な助けになってくれている事は確かなようですね

お二人のコメントを読ませていただいて沢山沢山思う事はあるのですが
何を書いてもうまく文章に表現することが出来ず 
なかなかうまく書く事ができませんでした

とにかくでも いろいろな本当の気持ちを書いてくださるお蔭で IGGYのことをまだ吹っ切れない自分をも受け入れることができた気がします

なのでこれからも色々話していく中でいずれは
ナナさんが言うように 
死という残酷なものも 小さな幸せが大事という気持ちにを持てる
自分を幸せにしてくれる為の勉強なんだと思えるようになりたいです

そして
天国へいった子達は縛られていた殻から解放されて
ルンルンで楽しんでいるのだろうから
あまり不安がらせないようにしたいです

また宜しくおねがいします






 



Posted by もずく at 2012年10月23日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字