2012年10月16日

ハンガー

洗濯物をたたむ先から破壊するモズ顔(泣)

なので 足にハンガーをひっかけて引っ張りっこして気をそらしてます顔(イヒヒ)




これ私のハンガーだワン とらないいでよぉ犬(怒)

DSC_7901.JPG


返してだワン犬(怒)

DSC_7898.JPG


取れないワンるんるん犬(笑)

DSC_7904.JPG


なかなか 取れないワンるんるん

DSC_7905.JPG


んーー 取れないワンワン揺れるハート犬(笑)

DSC_7903.JPG


ねえ モズ本気でかえしてって してないよね顔(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



次これで遊んでだワンハートたち(複数ハート)犬(笑)

DSC_7907.JPG


って またハンガー・・
しかもその形って足で持てないし顔(汗)


DSC_7908.JPG


ガジガジ ハンガー大好きだワン犬(笑)

DSC_7910.JPG


一人で遊ぶのは嫌なんだワン犬(笑)
持ってよぉ


DSC_7911.JPG


めんどくさいなぁ顔(汗)



一人では遊べない ハンガー好きなモズなのでしたぁ



ニックネーム もずく イギー at 23:45| Comment(3) | もずく日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(*´_⊃`)ノ゚*。・・+。゚*゚【gOOd morning】

早速iggyちゃんの腹巻みてきましたよ。

ずっと見てたら切なくて胸がキュンとなりました。

辛い事を思い出させてしまうかもしれませんが・・

iggyちゃんは生まれた時から心臓が悪かったんですか・・

それとも、大きくなってからですか・・

未熟児で生まれたんですよね。
うちのさくらも未熟児で生まれたんです。
だから、やっぱり神経使います。

お願いだから病気しないでって心の中でいつも願っているんですよ。

私の長女はダウン症で生まれた時から心臓に2つ穴が開いてたんです。手術して心臓の調子は良くなってももともと
Posted by iggyまま at 2012年10月17日 10:11
ごめんなさい。間違えてクリックしちゃった。

つづき・・・

抵抗力が弱い子でカビが原因で肺炎になり7歳で天国へ旅立っていきました。だから・・具合が悪くなるとすぐに病院で・・入退院の繰り返しだったから、もずくちゃんままが大変だったことが私にはよくわかります。

ごめんね。重い話で・・・

子育ても落ち着いたから、犬が飼いたいなって思うようになって、犬の図鑑を見てたらボストンテリアに一目ぼれ(艸*゚v`☆)。+◇◆゚

クリクリした目が娘と重なったの。

それで後輩の犬屋に探してもらい我が家にiggyがやってきたのです。

そして、iggyが亡くなったら悲しみのどん底に落ちる自分が分かるのでiggyの子供を取ることに踏み切った訳です。

話は変わりまして

あの、もずくままさんが作った小物は予約とか書いてあったけど売ってるんですか。
もしそうだったら是非購入したいです。

お散歩の時じゃなくて私のバッグにぶら下げたいっす(≧T≦)ь

ビ-ズで作ってるんですかね。
Posted by at 2012年10月17日 10:57
iggyママさんへ

小物入れ 気に入って頂いているようで
とても嬉しいです
ただ、今はつくっていないんですたらーっ(汗)
機会があったら声をかけさせていただきますね
ゴメンナサイ


IGGYのHPをさっそくみて頂いたのですね
最近はなんだか辛くて私自身 見ることができないでいますが 消すことも出来ずそのままでいます
が 久しぶりに振り返って私も見ることができました
ありがとうございます

娘さんの話を書いていただいて 犬と一緒では嫌かもしれませんが失った悲しみは 私と同じなのかな
と 思いました

面倒をみた者としては あの時とかあれがとか病院へ行くタイミングとか
いろいろ自分のせいなのかとだいぶ後悔したので そういう事も私は辛かったです。

IGGYは いつからだったでしょうか心臓が不整脈?でキチンとリズムをとっておらず(たぶん生まれつきだったのでしょうね) だんだん肥大していき気管を圧迫し肺に水がたまったりもしたので 少しでも風邪をひくとすぐに呼吸困難におちいりました

だから やはり日々心配で少しでも食欲がなかったり元気がなかったりすると心配でたまりませんでした
どんなに心配して大事にしていても
やはり病気になり いろいろな怒りがこみ上げる事もありました

そんな 不安と隣り合わせの日常ではあっても
やはり楽しい日であった事はいうまでもなく
まだまだまだ一緒にいたかったです


自分が生きている間 会えないのがこんなに辛いとは
思ってもいませんでした
別れはやはり 辛すぎますよね

それでも 新しい子をむかえる事は大事だと
今ではおもえます。 
「天国のIGGYが そんなに直ぐに迎えて悲しんでる」 と言われた事もありますが
ちゃんと IGGYの事は忘れていないしモズクも
同じようにかわいいとおもっています


色々と病気はでてくるだろうけれども
これもこの子の一部分だと思って一緒にかわいがってあげるのがいいのでしょうね

なんだか長々ととりとめない話を・・・ごめんなさい
         
ではまた 宜しくお願いします







Posted by もずく母 at 2012年10月18日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字